ZEH・ZEBの取り組み

ZEHについて

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、外皮性能の大幅な向上と、効率的な設備・システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現。その上で、再エネを導入して年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅です。

<ZEH-M>の概念図

ZEH-Mの普及に向けた取組計画(2030年までの中長期計画)

2014年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画において住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すという目標が設定されています。
当社では地球温暖化抑制のため、CO2排出量の削減に寄与するZEH-M基準を満たす集合住宅を積極的に提案し、快適で健康的な住まいの提供に努めます。
集合住宅のZEH化推進のため、外皮性能の向上と再生可能エネルギーの推進に段階的に取り組み、ZEH-Mのモデルケースとなる集合住宅を建築し、2030年までに標準的なZEH-M仕様の集合住宅の展開を目指します。

ZEBについて

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことです。
省エネによって使うエネルギーを減らし、エネルギーをつくる創エネによってエネルギー消費量をゼロにすることができます。

ZEBの定義・評価方法

ZEB受注に向けた自社行動計画

当社ではZEBの実現・普及によるエネルギー消費量の削減を地域温暖化対策のための重要な施策のひとつと捉え、ZEB化の技術検証・蓄積を進めていきます。
2021年に示された政府による第6次エネルギー基本計画では、2030年度以降に新築される建築物についてZEB基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指すという目標が掲げられました。これを受け、当社では2025年度に受注する建築物のうちZEBが占める割合を50%以上とする目標を新たに掲げ、ZEBプランナーとしてお客様にZEB化の意義とメリットを説明し、積極的にZEBの普及に取り組んでいきます。

省エネ建築物 実績

建物名称(仮称) 場所 用途 延床面積 階数 竣工年
M・Dビル 大阪府 事務所 3,251u 4階 2021年
G・Yホテル 京都府 ホテル 2,210u 10階 2021年
Sプロジェクト 兵庫県 事務所 8,406u 12階 2022年
株式会社T倉庫 兵庫県 事務所+倉庫 18,506u 5階 2021年
Iビル 東京都 事務所+飲食店 1,771u 12階 2021年
K株式会社新工場 埼玉県 事務所+工場 7,312u 4階 2021年
S・Yビル 東京都 飲食店 576u 4階 2021年
I物流センター 埼玉県 事務所+工場 7,946u 3階 2021年
Nビル 大阪府 事務所 1,782u 4階 2021年
H宿泊施設 京都府 ホテル 2,228u 8階 2021年
S倉庫 大阪府 工場 1,167u 3階 2021年
U計画 東京都 事務所+店舗 1,308u 12階 2021年
Fビル 千葉県 事務所+店舗 1,212u 8階 2021年
株式会社Sビル 東京都 事務所 711u 5階 2022年