コンサルタント/相談する

相続税シミュレーター

相続税は相続または遺贈により財産を取得した場合にかかってきます。

相続税の対象となるのは、相続や遺贈によって取得した、金銭に見積もることのできるすべての財産です。この相続財産から非課税財産・債務・葬式費用を差し引き、3年以内の贈与財産及び相続時精算課税適用財産を加えたものが実質の遺産額となります。

相続税には基礎控除があり、相続人各人の遺産額の合計が基礎控除以下であれば、相続税はかからず、税務署に対する申告も必要ありません。また、評価額が基礎控除を超える場合でも、申告をすることによって使える税務上の特例(配偶者の税額軽減、小規模宅地の評価減)により、相続税がかからない場合があります。
相続税の総額は、実際の分け分とは関係なく法定相続人が法定相続分で相続したものとして一人ひとりの税額を算出し、それを合計した総額を計算します。

それでは、実際に相続税がどのくらいになるのか簡易計算してみましょう。

※注意事項

  • この簡易相続税シミュレーターは、お客様よりお聞きした内容と、2015年1月現在の法令をもとに、一般的な事態を仮定したもとでの相続税を概算するもので、正確な相続税額を算定するものではありません。
  • シミュレーション結果の相続税納税額は、仮に相続人が法定相続分で相続した場合の計算結果です。実際の遺産分割では分割割合が法定相続分と一致しないことがあります。

具体的な相続対策をお考えのお客様におかれましては、当社顧問税理士より専門的なご助言やご提案をいたします。
詳しくは営業担当にお問い合わせください。