土地活用をお考えの法人の方

オフィス・事業拠点

価値を生み出すオフィスビルとは?

@ 機能性・生産性を追求した快適な空間づくり。
A 省エネルギー設計により光熱費をはじめとした経営コストダウンを可能にする。
B 外観やエントランスデザインの工夫による企業イメージの構築や視認性のアップ。

これらをうまく融合させることにより、当社施工のオフィスビルは企業の経済活動に新たな付加価値を生んで
いきます。

価値を生み出すビル。

理念や姿勢を反映させた確かなコンセプトに基づいた独自の外観デザインは、企業イメージをアップさせ、企業だけでなく愛される街のシンボルとして将来の景観造成を担います。最新の省エネルギー設備は経費を大きく削減、働く人の事を第一に考えた明るく快適で機能的な空間は心と生産性を向上させます。

効率的なレイアウトを可能にする無柱空間


オフィス空間の基本となるのは、広く明るい執務環境。柱が執務の邪魔にならない位置に配置されるよう空間設計しているので、デッドスペースがなく開放的な印象に。また、柱位置に左右されないのでワークスタイルに合わせたレイアウトが可能になります。

合理的でムダのないゾーニング計画

オフィスビルの各階は、エレベーターや階段、トイレなどの「コア」部分とワークスペースで構成されています。コアとワークスペースの形状、配置によってオフィスの特徴が決まりますので、オーナー様と綿密な打ち合わせの上、プランニングしていきます。

潤いあるオフィスランドスケープ

機械的に机を並べるのではなく、潤いや温かみのある空間を構築します。休憩スペースも含め業務の効率を上げるオフィス空間をご提案します。

ランニングコストを抑える省エネルギー設計
●方位による開口部デザイン

室内環境の日射負荷低減を図るのに最も効果的なのは、日除けを設けることです。日射の方位と高度を考慮し、方位によって庇、横ルーバー、縦ルーバー等を効果的に設置します。

●全館LED照明

空調に次いで電力を消費するのは照明です。LED照明は蛍光灯と比較して消費電力は4割、寿命は5倍。経費の削減に効果を発揮します。

●BEMSによるビルのエネルギー管理

BEMS(Building Energy Management System)はビルエネルギー管理システムのことで、使用エネルギーを計測して分析、電力消費のメインとなる空調、照明を制御して電力使用量を低減させ、総合的な省エネを実現します。