コンサルタント/相談する

土地診断

土地診断

松建設では、初めから「賃貸マンションを建てたい」と希望しているお客様でも、建物を建てる前に土地診断をお勧めしています。
本当にその土地にはマンションが適しているのか?適しているとしたら、どんな入居者を想定して設計プランを立てるのがベストなのか?
未来を見据えた長期的な視点で調査・検討することで、お客様に安心してマンション経営を営んでいただける事業プランをご提案します。

立地診断

各エリアのスタッフが、お客様の建設予定地周辺の環境・地域性・人口推移などをしっかり調査します。その地域で求められている建物、地域の特性を活かした建物をプランニングし、利用者だけでなく周辺住民にも愛される建物を目指します。正確な調査から導き出したプランは長期的な運営を実現し、多くのお客様から信頼をいただいています。

周辺地域の利便性

交通条件や生活関連施設などを調査し、ビルなどの建物を建てるのがいいのか、マンションを建てるのがベストなのか、ベストな建物用途を見つけます。

入居者像の把握

マンションを建てる場合には、地域によって大きく異なる入居者像の把握が重要です。対象地域の学校やオフィスなどの有無によって、学生・単身者・新婚・世帯向けなど、どのような入居者が多いのかを調べ、住戸の専有面積・間取りなどをご提案します。

地域の家賃相場

周辺のマンションやアパート、貸しビルの間取りタイプや家賃相場を把握し、より魅力的な設備や間取り、周辺調査を踏まえたターゲット層の創出によって差別化を図ります。

人口推移

人口の増減率は地域開発や産業インフラによって大きく変化していきます。その環境の開発状況や開発予定から将来的な人口推移を予測し、安心して経営できる事業提案を行います。

敷地調査

敷地を最大限に有効活用するには、その土地について専門的に知ることが重要です。形、地盤、周辺状況、法的制限等の条件をしっかり把握することで、建設規模や建設予算の確認はもちろん、隣地との境界トラブルを事前に回避することにもつながります。

敷地の状況を確認

広さや形状、方位や法面(のりめん:土砂崩れなどを防ぐためなどに作られた、宅地としては使えない斜面。)など、敷地そのものについて確認します。

入念な周辺調査

隣家との間隔をはじめ、窓の位置、敷地境界線、前面道路などがチェックポイントです。建設にはプライバシーの確保や、陽当たり、通風などの配慮が欠かせません。

役所調査

土地には、法的制限が設けられ、建築が制限される場合があります。制限には、接道条件・用途地域・建ぺい率・容積率・高さの制限・壁面の位置の制限・防火地域・地区計画等様々な制限があるため、知識豊富な専門家が調査することで、規制を守りながら敷地を上手に活用する計画を立てることが出来ます。

測量調査

土地の面積を測るだけでなく、隣地境界線や道路境界線などの現況を正確に把握し、計画敷地に適応したプランニングを可能にします。
※有償となります。

地盤調査

安全な住まいの最重要ポイントの一つが地盤調査です。いかに安全で頑丈な建物でも基礎が傾いているようでは安全な建物とは言えません。そのため、敷地の地質や・地耐力を見極めることが快適な暮らしにつながります。
※有償となります。

敷地調査必要度チェック!

Question 敷地について下記の質問が当てはまる数が多いほど敷地調査が重要になります。

結果
0個の項目が当てはまりました!

Answer

0個
敷地の状態をかなり把握されています。専門家による敷地調査でさらに安心感を高めては。
1〜4個
計画上、思わぬ規制や出費がある可能性があります。適切な敷地調査の上、計画の見直しを。
5〜9個
計画を根本的に左右する程の法的、及び費用面での影響が考えられます。敷地調査をお勧めします。

マンション建設についてはこちら