コンストラクト/建てる

設計の流れ

ご成約後、賃貸マンションを当社で施工した場合の流れ

  • ご成約
    (建築設計・監理契約)

    お客様に重要事項の説明を行い、内容を確認して頂きます。契約内容に問題がなければ、建築設計・監理契約を行い、ご成約となります。

  • 事前調査
    (測量、地質調査等)

    建築する上で必要となる、地質調査、測量調査(敷地面積・現況地盤高さ・近隣建物等)電波障害調査を事前に実施します。

  • 基本設計

    設計担当者がオーナー様のご要望を反映しつつ、デザインや間取りを作成した後、設計・工事・営業の各責任者がデザイン・施工性・経済性などを検討。多様な視点から検討したベストな図面を最終案としてご提案します。

  • 実施設計
    (工事に必要な図面の作成)

    事前調査や基本設計を基に行政機関などと打ち合わせを行い、設計・構造・設備の担当者が、平面図・立面図・詳細図、構造図、電気・給排水図等の図面を作成します。

  • 建築確認申請
    (建物の図面審査)

    各実施設計図を消防署や役所、民間の審査機関に提出し、法定検査を受けます。建築基準法に則って計画された建物である認証を受けます。

  • 工事監理
    (工事中、各種検査を実施)

    行政上の定められた検査以外に、工事の工程ごとに配筋・中間・設備・エントランス・竣工時等の検査を行い、建物の品質向上に努めています。最後には施主検査でオーナー様にも直接品質を確かめていただきます。

  • 竣工

    新築した建物を登記し、オーナー様の所有権を登記表示します。同時に建物をお引渡しし、これ以降オーナー様が賃貸事業を開始できるようになります。