コンストラクト/建てる

長寿命化の取り組み

建物の素材や構造の強化、メンテナンス設備の整備など、松建設では劣化対策を万全に施すことで耐久性の高い建物をご提供します。

高い耐久性・美観を長期維持するコンクリート

コンクリート構造は、世代をこえて賃貸マンションを運用できる耐久性を備えています。その中でも高松建設はよりコンクリートの劣化耐性を高め、維持修繕費を抑えることができる建物を建設いたします。

コンクリートは強アルカリ性です。しかし、空気に触れることで空気中の炭酸ガス(酸性のガス)に反応し、少しずつ中性化していきます。中性化が進行すると、その分CO2の侵入範囲が広がり、いずれ内部の鉄筋に届きます。CO2が鉄筋に触れると酸化が始まり、さびができて鉄筋が膨張し、コンクリートがひび割れや剥離を起こしてしまうのです。

コンクリートの劣化(中性化の仕組み)

劣化を防止することはできませんが、進行を遅らせることはできます。
コンクリートを構成する成分で、セメントの比率を高く、水の比率を低くすることで劣化を抑制することができます。水の比率を上げることでコンクリートの流れが良くなり施工はしやすくなりますが、水分が抜けた後の空間に空気が入り込み、中性化しやすくなってしまいます。なので、水の比率を減らし、水分が抜けた後の空間を少なくすることで劣化スピードを抑えることができるのです。

コンクリートの構成比率

強度を増した外壁の採用

外側の鉄筋量を2倍に

松建設ではひび割れを分散させ、強度と美観を長期間保つために外側の鉄筋量を2倍にしています。

メンテナンスをしやすい設備計画

永く快適に住み続けるために、メンテナンスや破損時・老朽化時の配管の交換、柔軟なリフォームに対応できる維持管理対策をしています。

メンテナンス性に優れた配管計画

給排水・ガス配管などの地下埋設管を通す場所に、配管ピットとなる空間と点検口を設けることで維持管理を容易に行うことができます。

また、住戸内は置床工法とし、二重床の空間に配管を通すことでメンテナンス性だけでなく、将来的なリフォームにも柔軟に対応可能となります。

メンテナンス性に優れた配管計画のイメージ

メンテナンス・修繕・改修への配慮

松建設の建物は、ライフサイクルコストに配慮した設計とメンテナンス性や耐久性を重視した設備や材料で維持管理費を抑えます。
※プラン・仕様により実際の採用項目とは異なります。

メンテナンス性・耐久性を重視したその他の設備や材料

※プラン・仕様により実際の採用項目とは異なります。

 

※無色・無臭・無公害の環境にやさしい浸透性のコンクリート表面強化剤を採用しております。

高耐久内装仕様

床・壁・天井の各仕上げ材料を高耐久製品等にアップグレードします。
※プラン・仕様により実際の採用項目とは異なります。