TSUGITE 創刊号 2014.6月発行

オーナー様向けに賃貸マンションの役立つ情報をお届けする情報誌を創刊いたしました。創刊号では松建設社長西出雅弘のインタビュー、やまと建設・日本建商によるアフターフォロー体制のほか、賃貸マンション経営のアドバイスなどをご紹介しています。

PDFで読む


画像クリックで拡大します

建築という資産をいかに永く大切に使い続けるか。

お手本にしたいヨーロッパの街並み

築数百年の家に住む。ヨーロッパでは一般的なことです。街に残る古い建物の多くは石造リで、屋根は木造。壁を塗リ直し、屋根を葺き替え、百年以上も前につくられた建物を大切に使っています。一方、日本は比較的、建物を短いサイクルで建て替える傾向があります。ヨーロッパは湿度が低く、地震が少ない。条件の違いはあリますが、「世代を超えて建物をつないでいく」そんなお手本にしたい考え方があります。

日本でも高まる建物の維持と継承

近年高まっている、リフォームやリノベーションの人気。日本でも徐々に、取リ壊して、新しい建物へ建て直すといった流れから、いかにリニューアルしながら上手に使っていくかという考え方が広がってきたように思われます。理由はコスト面や環境への配慮だけでなく、良質な建物を維持し、これまでになかった付加価値を生み出すことにあります。建物を新しくするのではなく価値を新しくする。それが、これからのスタンダードになるのではないでしょうか。

建物の先を見据える圧倒的なグループカ

建物は永く使えることが大前提。そのためには建物の骨格ともいえる躯体がしっかリとしている必要があります。そして、不可欠なのが建物の修繕です。高松建設グループでは設計・施エ・管理・メンテナンスなど、それぞれの専門家が、建てるときも建てたあとも徹底サポート。また、建物は空室を放置することで劣化が進みます。建物を維持するために、稼働率の向上にも努めています。他にはないグループ力で、次代へつなぐ建物を生み出し、支え続けています。


どう親身にお力添えするか。当社は、警備会社に任せません。直接、社員が対応いたします。

やまと建設(大阪) 代表取締役社長 檀野 則武(だんの・のりたけ)
やまと建設(大阪) 代表取締役社長 檀野 則武(だんの・のりたけ)

建物も人と同じ。メンテナンスで寿命は変わります。

ご用命ください電球の取替えからでも

やまと建設では、定期メンテナンス以外の日々のお困リごとから対応しています。例えば、廊下の電球が切れた、ドアの鍵が回リにくくなった、トイレの水が流れにくくなったなど、建物に関することなら些細と思われるようなことでもご相談ください。オーナー様、入居者様の不安やお悩みをすみやかに解消します。

本当に大丈夫ですか?建物の健康状態

人の身体とよく例えられる建物。メンテナンスを怠った建物は、経年とともに劣化が生じます。例えば「水道管は血管」、「外壁は肌」に例えられるなど、どれひとつとってもメンテナスンスは欠かせません。建物も悪化してからではなく未然に防ぐことが大切です。まずは、建物の理想の状態を維持する『建物ドック』をおすすめします。

理想の状態をキープ「建物ドック」を実施

その建物には専属ドクターはいますか。やまと建設は「建物ドック」を実施し、建物の健康状態を常に把握。早期で異常を見つけ、ただちに治療します。適切な時期に必要なメンテナンスを行い、資産価値を保ちます。


お任せください。家賃滞納や空室不安など、すみやかに解決いたします。


画像クリックで拡大します

すでにお持ちのマンションも、一括借上げで家賃保証

※立地・築年数など、物件ごとの諸条件によりご相談させていただきます。

ご相談ください家賃保証のお手伝い

日本建商では、昨今マンションを所有されるオーナー様より、次のようなお悩みが寄せられています。
@以前のように次の入居者がなかなか決まらず空室が長期化してきている。
A高齢になり後継者に事業を譲りたいが手間をかけさせたくない。
B自主管理での家賃滞納督促やクレーム対応に限界を感じている、など。
このようなお悩みを解消すべく、オーナー様にご安心していただくために、新築時と同様に、すでにお持ちのマンションの一括借上げを行っています。
一括借上げとは、日本建商がオーナー様からマンションを一括して借上げ、空室の保証や管理を代行することで、安定したマンション経営をしていただくシステムです。

わずらわしい日常管理当社にお任せください

入居募集から入居者選考・審査、そして退去時の手続き・原状回復まであらゆる賃貸管理業務をトータルで日本建商が代行します。オーナー様は日常的な管理のわずらわしさや空室不安・家賃滞納などに悩まされることなく、毎月一定額の賃料収入をお受け取リいただくことができます。入居状況などは当社からオーナー様に随時ご報告します。

入居者をひきつける日本建商3つの施策

高い入居稼働率を維持していくためには、入居者様の満足度向上も常に心がけたいところ。日本建商では、入居者をひきつけ満足度を高める必要な施策を実行していきます。

高松建設グループならではの24時間365日アフターフォローを実現。

アフターフォローも資産価値のひとつ

住み続けるため、使い続けるためのアフターフォローに終わりはあリません。突然の事故や人的被害など様々なアクシデントにおいて、いつ、いかなるときでも、迅速な対応がマンションの信頼性、ひいては資産価値につながります。

安心感がちがうふたつの会社の連携カ

入居者様とオーナー様の安心を守るため24時間体制でトラブルに備えています。エレベータ―や受水槽などのマンションに不可欠な設備のトラブルも、フォローします。オーナー様は修理後の報告を聞くだけですので安心です。その他、緊急時以外のお困リごとも、マンションなど建物のことはお任せください。地区ごとに担当スタッフがいるので、即座に対応させていただきます。

24時間365日アフターフォロー修繕したら終了ではありません!

設備の異常や不具合だけでなく、入居者間の騒音問題やマナーに関する問題など、オーナー様に代わって、スピーディーに解決!


掲載内容は2014.6月発行時点のものです。
時間経過による掲載内容の変化は保証できませんのであらかじめご了承ください。
内容についてお確かめの場合は、【0120-53-8101】へお問い合わせください。

TSUGITEの一覧に戻る