ヒャクからのさらなるヒヤクを目指す松建設のお役立ちコンテンツ 建築・土地活用ガイド

不動産の基礎知識

2018/06/18

悩み事を即解消!不動産相談会のメリット

賃貸住宅や企業施設など建物の種類や規模を問わず、土地活用を行うには多額の費用が必要になります。簡単に投資できる規模の金額ではないため、オーナーとしては建物を建築する際の悩み事は1つや2つではないはずです。そうした際に独力で調べたり、知り合いのツテを使って情報を収集したりするのも大切ですが、まずは不動産相談会に参加することも1つの手だと言えるでしょう。一歩踏み出せずに悩んでいる場合は、まずは行動に移してみることも大切です。

土地活用を検討中ならまず不動産相談会に

すでに不動産関連の事業を展開しているオーナーであれば、人脈やノウハウを駆使してうまく土地活用をすることはできるでしょう。しかし、大半の方は建物や土地に関しての専門家ではないため、自身の判断だけでベストな選択をすることは困難だと言えます。不動産関連の事業は規模も大きいだけに、判断を見誤ればその分の損失も大きくなります。それだけにより慎重な選択が求められるのです。

身近に頼りになる不動産会社や建築関連会社などの企業に知り合いがいれば、まずはその人たちを頼ることもできますが、世の中にはそうしたコネクションがない方も当然いるでしょう。相談相手が周囲にいない場合は、1人で悩むのではなくまずは不動産相談会に参加することをおすすめします。多くの企業は、土地や建物を有効活用するための相談会を開催しており、それらに参加することで普段では見聞きすることができない情報を入手することができます。

たとえば、税制の仕組みや土地の評価額を学べたりするなど、相談会に1回参加するだけでも得られる知識は数多く存在します。また、多くの相談会では、会場に土地活用を担当している営業やコンサルタント、税理士などの専門家が参加しており、その場で不明点について問い合わせることもできます。そのため、土地活用を検討される場合は、まずは貴重な情報収集の場として不動産相談会に足を運んでみましょう。


受講する相談会は吟味することが重要

建物の建築を検討されているオーナーにとって不動産相談会が、非常に有意義なイベントであることは間違いありませんが、参加する相談会はきちんと吟味する必要があるでしょう。なぜならば、一口に土地活用と言ってもその種類は数多く存在し、その分、相談会を開催する企業も多数存在するため、ミスマッチが起こらないように注意することが大切です。

たとえば、既存の土地を活かしてマンションの賃貸経営を考えているのにもかかわらず、ワンルームマンションの不動産投資の相談会に行っても、有益な情報は得られないでしょう。同じ不動産関連の企業だとは言えども、扱っている建物の規模や事業モデルが異なれば、相談会の内容が自分の境遇とマッチする可能性は低くなります。

そのため、よく調べずに参加して、「無駄な時間だった」と後に嘆くことがないように、まずは下調べしておくことをおすすめします。フットワークを軽くして不動産相談会に参加することは非常に重要ですが、きちんと自分がどんな土地活用を望んでいて、どんな企業であれば有益な情報を得られるのかを整理しましょう。


最大のメリットは専門家への相談が可能な点

不動産相談会に参加することをためらっている方の中には、「参加することでしつこく営業されるのでは?」と考えている方もいるのではないでしょうか。確かに、そうした相談会の場は営業マンにとってはお客様にアプローチする絶好の機会となりますが、優良な企業であればしつこく押し売りをするようなことはありません。

また、安心できる不動産相談会ほどゲストとしてファイナンシャルプランナーや税理士らを迎え入れているケースが多いと言えます。なぜなら土地や建物の活用は簡単に決断することができないので、各方面の専門家に相談できる時間を設けていることが多いからです。不動産相談会に参加することで、知り合いにツテがない方でも、ファイナンシャルプランナーや税理士らに直接相談するなど接点を持てることが最大のメリットだと言えます。

自身で本を読んだり、インターネットで情報収集したりして知識を蓄え、土地活用を自己流で頑張るのも1つの手ですが、有識者の的確なアドバイスをもらうために無料の不動産相談会に足を運ぶことが成功の近道かもしれません。また、相談会同様に、「現場を直接見られるためにイメージが湧く」「最新の設備を目で見て確認できる」「施工業者の実際の施工を確認できる」などの理由から内覧会も貴重な情報源になり得るでしょう。


建築・土地活用ガイド一覧へ