ニュースリリース・トピックス

マンションオーナー向け3D内覧システムを導入しました

2018.11.20

マンションオーナー向け3D内覧システムを導入
インターネット上でマンションをバーチャル見学!

松建設株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:松孝年、以下当社)は、マンション建設を検討中の方に向け、当社が設計・施工した賃貸マンションをインターネット上で3D映像にて内覧できるシステムを導入しました。一部のモデルルームをホームページ上で公開開始しましたのでお知らせ致します。

  • 3D内覧システム

■3D内覧システムについて
モデルルーム外観・間取り 当システムは、当社が設計・施工した賃貸マンションの一部に常設している現地モデルルームについて、米・Matterport社の提供する360°3Dコンテンツ制作サービス「Matterport 3D Space」とパノラマ360°を連結し、インターネットを通じて詳細まで見る事ができるよう作成しました。パソコンでホームページメニューから内覧できる他、スマートフォンやタブレット端末を用いれば、動きに連動して室内を見渡す事が出来、臨場感に溢れたバーチャルツアーを体験して頂けます。また、VRゴーグルにも対応しており、ゴーグルを使うとまるでその場にいるような疑似体験も可能です。
室内だけではなく、エントランスやエレベーターホールなども見学可能なため、建物全体のグレードや雰囲気や設備も確認出来、特にアピールしたいポイントについては、ポップアップウインドウで写真やテキストなど詳細情報を見る事も出来ます。マンション建設を検討している方で、現地まで行くのが難しい場合でも、いつでも気軽に内覧して頂けるよう当システムを導入いたしました。

【3D内覧可能物件】
レアルカスカータ板橋区役所前
2017年3月竣工
鉄筋コンクリート造12階建
設計・施工:松建設株式会社
モデルルーム:1LDK 47.14平米

【3D内覧システムはこちらから】 https://vr.arcaito.co.jp/viewerController?u=u1496193889&p=p1540384449

詳細はこちらをご覧下さい【PDF】
※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。


ニュースリリース
一覧に戻る