コンサルタント/相談する

千葉県 A様

Rain Palace E-1 2014年3月竣工

熱心な訪問から生まれたつながりで、事業転換、そして、満室経営へ

Rain Palace E-1の外観

先代が営んでいた本屋を引き継いだ私は、昭和55年に埼玉から千葉に移転し、本と文具の店をオープンしました。開店当初から、地域に根差したお店として、地元の方々によく利用していただきました。さらに、駅周辺の区画整理や、つくばエクスプレス線の開通によって人口が飛躍的に増え、お店の方も大いに繁盛していきました。

しかし、景気の低迷とともに業界を取り巻く環境も変わり、徐々に売上を維持していくことが難しくなり、このまま続けていけるのかと考えるようになりました、さらに、建物の老朽化が気になり始めた矢先、東日本大震災が発生。店舗に大きな被害が出て、事業転換を本格的に考えるようになりました。

そんな中、かねてから熱心に訪問してくれていた松建設さんに相談したところ、親身になって検討していただき、店舗付賃貸マンションの提案を受けました。現場見学会にも参加し、まじめにものづくりに取り組む会社だと実感しました。提案いただいたプランは、マンション部分はグループ会社の日本建商さんの一括借り上げ、1階店舗部分にはコンビニを誘致するというもので、計画段階から収入が安定し、将来的にも安定した提案であることに感動。安心して事業転換を決断することができました。 マンションは、竣工して間もなく満室に。日本建商※さんの管理も良く、入居者の方や御近所の方からも大変ご好評をいただいています。松建設さんとのつながりをきっかけに、こうして安定した事業を営むことができ、事業転換を決断して本当に良かったと家族全員で喜んでいます。

※株式会社日本建商は2017年4月1日、松エステート株式会社に名称を変更しました。

当時入社2年目の経験の浅い私でしたが、お施主様はいつも温かく接して下さり、私もそれに応えられる様、精一杯取り組ませて頂きました。
建物の特徴であるバリエーションのある間取り構成はご主人、また内外装の色合いは奥様、ご夫婦それぞれの思いをカタチにし、次のお嬢様達の代へと受け継ぐ「世界に一つしかない建物」は自由設計の松建設ならでは、と評価して頂きました。
営業担当 春山

  • 新しい店舗付き賃貸マンション

  • 建替え前の店舗

  • 赤い銘板が印象的な入口

オーナー様の声トップに戻る