コンサルタント/相談する

大阪府 J様

J・Lapis NANBA 2016年9月竣工

「安心」出来る「安全」なマンションを

J・Lapis NANBA 外観

想像を絶する震災の有様を目の当たりにして地震の怖さは身に染みていたので、新しく建てるマンションは絶対に地震で倒れないものを、という思いが強くありました。しかし、検討した建設会社の中で、その思いにしっかり応えてくれたのは松建設さんだけでした。他社は「建築基準法を満たしていれば安全」という姿勢でしたが、本当にそれだけで大丈夫か安心できなかったんです。
一方、松建設さんは「建築基準法の耐震性は横揺れのみで定められているので、縦揺れも考慮するとプラス15%の強度が必要」と提案。築35年の物件や建設中の現場を見学させてくれたり、私のしつこい質問にも常に丁寧に回答してくれるなど、真摯に対応してくれました。それが次第に安心感につながっていきました。
正直なところ、私は素人なので耐震等級が1でも2でもその違いはわからないし、費用が高くなっただけの値打ちがあるのかも実感できません。しかし、マンションは一度建ててしまえば40年、50年と残っていくものです。その間に何が起こるかわからないからこそ、考えられる対策はしておいた方がいいと思ったんです。 また、目に見えない「安全」に対して、耐震等級という基準に理解を深めることで私も安心が得られるし、入居者様にも自信を持って提供できる点がメリットだと感じます。

オーナー様自身が20年前の阪神淡路大震災で被災し、ご自宅が半壊状態で大変な思いをされた経緯もあり、耐震等級2をご提案することで当社の考え方を示しました。
他社に比べ当社の建築費は高かったのですが、建築費だけを比較されるのではなく、実際に当社の作品を見てもらう事で当社の建築に対する考え方にご賛同いただき、より安定した事業を始められることを評価していただけました。
入居者様に安全・安心に住んでいただきたいという、オーナー様の想いを形にできた事を嬉しく思います。 営業担当 梁川

  • マンション アプローチ

  • エントランス(入口から)

  • エントランス(ホールから)

オーナー様の声トップに戻る