コンサルタント/相談する

東京都 H様

GAGA 2010年8月竣工 鉄筋コンクリート造 5階建て

先代から受け継いだ資産から、新しい価値とゆとりが生まれた

銭湯とマンションの建替え前後の比較

昭和26年創業の銭湯を、先代から受け継ぎました。私自身もこの銭湯には思い入れが強く、日本の文化を残すためにも、毎日休む暇もなく働きました。しかし、時の流れには勝てず、利用者は減少。さらに、老朽化により大規模な設備交換が必要になり、このまま続けるか、事業を転換するかで悩みました。長年通ってくださる常連さんもいて、簡単にできる決断ではありませんでした。

そんな中、松建設さんから賃貸マンション事業の提案をいただいたのです。市場調査や税務、融資面、将来にわたる事業性を十分に検討した上での提案、そして何より、銭湯の梁や池などを再利用し、この地に銭湯があったことをかたちに残せる提案をしてもらい、すべてに納得して事業転換を決意しました。
マンションは、竣工時には満室。自分の時間がないほど働いていた日々が嘘のように、時間的な余裕と安定的な収入が生まれました。自分たちの世代に合わせた方法で、先代から受け継いだ資産を活かしていくことの大切さを学びました。

既存銭湯にあった池の鯉をオーナー様が大事にされてことをお聞きしたため、ご提案プラン作成の際、敷地の平面配置計画の中に池の表現を致しました。池の位置については、既存場所からの移設と新設にはなりましたが、隣接したご自宅から見ることができ、池の環境も良くなる提案となり、マンションへの建て替え提案と合わせて、当初からこの提案をした事に対して評価頂きました。他社提案にはなく発注先の決め手の一つだったようです。
営業担当 福田

  • マンションに移設した池

  • 建替え前の銭湯(内部)

  • 銭湯の記憶を継承した室内

オーナー様の声トップに戻る