コンストラクト/建てる

自然と融合した建築

大阪府管弦楽団センチュリー

緑あふれる公園の中に建つ建物です。そのため、ボリューム・スケール・マテリアル・ディテールなど、総合的な建築の表情が自然に融合し、そこにあることが当然のように感じさせることに重点を置きました。
アプローチは公園の噴水広場との約4mの高低差を活かし、1階屋根部分を園路として利用して2階正面の入口へと導いています。通行時、分散配置された屋根の連なりを楽しみながら野外音楽堂へ続く道を演出しました。


タグ:

建設地 大阪府 豊中市 敷地面積 13,817u
用途 音楽堂 延床面積 2,164u
構造・規模 鉄筋コンクリート造・鉄骨造 3階

施工実績一覧に戻る