コンストラクト/建てる

緑に囲まれた清潔感あふれる高品位物流拠点

中野運送西大阪ロジスティクスセンター

屋根にダブルパック断熱折板(※1)とソーラーパネル、外壁にALC(※2)、床にはダイヤ研磨床(※3)を採用し、荷物用エレベーターと垂直搬送機(※4)を効率よく配置することで、高品位物流を可能に。また、河口からほど近い場所にあるため地盤を周辺よりかさ上げし、高圧受電設備や空調機器を2階レベルに配置することで災害に強い倉庫を実現しました。
植栽エリアには従業員の方々がどんぐりの苗木を植樹し、森づくりを行なっています。

※1 折板は工場・車庫などの鉄骨の建物に多く使われる波形の金属屋根のこと。ダブルパック断熱折板は折板を二重にしその間に断熱材を挟んだもの。
※2 軽量気泡コンクリートのこと。内部に気泡があり通常のコンクリートより軽い。
※3 ダイヤモンドで表面を研磨することにより、タイヤ痕などの汚れがつきにくい耐摩耗性に優れた床。メンテナンスが簡単で見た目も良い。
※4 人が介入せず荷物を自動搬送する設備で特に垂直方向のもの。


タグ:

建設地 大阪府大阪市 敷地面積 8692.85u
用途 配送センター 延床面積 4251.06u
構造・規模 鉄骨造 2階

施工実績一覧に戻る