コンストラクト/建てる

立地を活かした木造アパートメント

セントロ パエーゼ

東側に隣接する公園側からの採光を活かすよう設計した2階建て木造アパートメントです。開けた公園から採光することで離隔距離を最小限とし、計画地の面積を最大限に活用しました。
色調は公園や街並みと調和に配慮したアイボリーとブラウンでまとめています。各戸、公園に面して窓を大きくとることで解放感のあるLDKが実現しました。


タグ:

  • アパート
  • 隣接する公園を生かした木造アパートメント
建設地 大阪府池田市 敷地面積 283.54u
用途 共同住宅 延床面積 300.69u
構造・規模 木造 2階 6戸

施工実績一覧に戻る