社員インタビュー

若手社員

自分の設計提案がお客様の評価を頂き受注できた事が大きな喜び。

若手社員:白崎 正剛/2014年4月 入社  

松建設を知ってどんなところに惹かれましたか?

設計施工という企業体としての強みを生かした、営業、工事、見積、購買と密に協力し合い建物を作り上げて行くという設計業務に、一年目から携われることに魅力を感じました。
また私は学生時代に巨大開発の構成や集合住宅について研究していたので、そこで得た知識を駆使し設計をおこなえるのではないか、またより成長できるのではないかと思い入社を決意しました。

現在はどんな仕事をしていますか?

現在は、設計企画部に所属し、集合住宅や事務所ビル、店舗など様々な用途の建物の設計を行なっています。数日間で、お客様の要望や法規等の諸条件を整理し設計を行ないます。
また図面で伝わりにくい点については、3Dやパースを作成しています。上司や先輩の助言を受けながらではありますが、基本的には一人で設計を進めて行くので責任は重大です。しかしひとつずつ丁寧にこなして行く事で設計者として着実に成長できます。

仕事のやりがいや魅力、醍醐味を教えてください。

お客様の要望はもちろんの事、その他の敷地条件、法規、条例、又は不動産的観点など、物件によって条件は大きく異なります。それらを加味しながら他部署と打合せをおこない、設計を進めていくと同じ建物は出来ません。
毎回諸条件が違うので、ひとつひとつ違ったコンセプトでオリジナルな建物を作り上げていける事に魅力を感じています。

入社して驚いたことや感動したことはありますか?

一番感動したことは、自分の設計提案が受注につながった時です。
お客様のご要望を、より良いカタチで提案するために、営業部や見積部と要望の確認やコスト面の調整など何度も打合せをおこない設計を進めていきました。このようなことが実を結び、自分の設計提案がお客様の評価を頂き受注できた事に大きな喜びを感じました。

2年間働いてみての感想を聞かせてください。

新社会人として働き始めて二年が経ちましたが、日々学ぶ事は多くあります。その中で最も身をもって感じている事は、時間の使い方です。設計企画部では、限られた時間の中でスピーディに設計を行ないます。その為には、確認事項などの内要を整理し打合せに挑む工夫が必要です。
今後はより効率的に時間を使い、自分にしかできない設計提案が出来るよう日々学んでいきたいと考えています。

入社をお考えのみなさまへ

就職活動では、まず自分は何をしたいのかと常に己に問いかける事が大切だと思います。
また会社ごとに様々な理念があり、それらを客観的な視点で捉えることも重要です。その中でこの会社でならばのびのびと仕事ができる、自分は成長できると思える会社が見つかるのではないでしょうか。
最後まで妥協せずに就職活動を楽しんでください。