社員インタビュー

若手社員

図面上の2次元だったものが、形になって行くのが感慨深いです。

若手社員:新田 亜紀/2014年4月 入社  

松建設を知ってどんなところに惹かれましたか?

1つは、思いきり挑戦できる環境であるところです。説明会での先輩の「失敗してもいい。同じ失敗でなければいいから、どんどん挑戦して欲しい。」という言葉が印象的でした。若手でも責任ある仕事を任せてもらえる松建設で働くことで、成長し続けられると感じました。
もう1つは、お客様主体の提案型によるビジネスモデルです。受け身でも、押しつけでもなく、寄り添って総合的にサポートさせていただくことでお客様も自分も納得できるものを造っていきたいです。

現在はどんな仕事をしていますか?

鉄筋コンクリート造マンションの建設現場で、所長、副所長のもと、品質・価格・工程・安全の管理をしています。
特に、品質管理と安全管理で、図面通りに建物が出来ているか確認し、記録したり、職人さんがスムーズかつ安全に仕事ができるよう、段取りすることです。

仕事のやりがいや魅力、醍醐味を教えてください。

この仕事の醍醐味は、日々変わっていく建物の様子を誰よりも近くで見れることだと思います。建物は多くの職方さんの手によって毎日着実に出来上がっていきます。人の手によって図面上の2次元だったものが、実際に形になって行く様子を見るのはとても感慨深いです。
また、現場では様々なことが起きますが、それに対処しながら、自分も大きなモノ作りの一員となれることにやりがいを感じます。

入社して驚いたことや感動したことはありますか?

まず最初に入社して数日で現場に配属されたことに驚きました。更に右も左も分からない中飛び込んだ現場では、情報量の多さ、現場に携わる人の多さ、やることの多さ、細かさと、日々驚きの連続でした。そして、私が配属されてまる1年。地上レベルの基礎工事だった建物が人の手で11階まで達上がり、引き渡しが終わり入居者の方が引越て来られる様子を見たときはとても感動しました。

2年間働いてみての感想を聞かせてください。

現場にいて痛感するのは、建物は「人の手」で作られているのだということです。だからこそ、職人さんたちの手が止まらないよう、気持ちよく働ける環境を作っていくのが大事なのだと思います。つねに先を考えて仕事をしなければ全体の士気、ゆくゆくは建物の品質にも影響してしまうことを学びました。失敗もたくさん経験しましたが、全体の流れのなで自分の成長が実感できてやりがいを感じます。

入社をお考えのみなさまへ

現場監督は冷暖房の効いた事務所で完結する仕事ではなく、暑かろうと、寒かろうと現場に出ることも多いです。タフな職場ではありますが、その分、出来上がったときの感動は大きい仕事です。
また、松建設は若手の「思いっきり挑戦してみたい」という想いをしっかり受け止めてくれる会社だと思います。是非、大きな夢をもって挑戦してみてください。