社員インタビュー

若手社員

自分が成長できる環境があると強く感じたこと。

若手社員:北川 真梨/2014年4月 入社  

松建設を知ってどんなところに惹かれましたか?

この会社に惹かれた理由は、自分が成長できる環境があると強く感じたことです。会社説明会で先輩社員から仕事内容や職場の雰囲気などの話を聞くことができ、この会社に入って働いている自分の姿をイメージできたことが大きなきっかけとなりました。
入社してからもそのイメージは変わることなく、また、若手の私たちの考えや想いもしっかりと聞いていただける環境が整っている働きやすい会社だと感じています。

現在はどんな仕事をしていますか?

私は、設計企画部に所属し、集合住宅をメインに企画設計をしています。私が係る設計は、お客様に提案し、受注に繋がるプランを作成する仕事です。
まず、敷地を作図し、建物のボリュームを掴み、お客様や営業の要望を取り入れながら設計者として付加価値のあるプランを作成していきます。
また、物件によっては、パースや三次元アニメーションを作成し、様々なプレゼンテーション方法でお客様へ提案をしていきます。

仕事のやりがいや魅力、醍醐味を教えてください。

基本的には一つの物件を一人で担当させてもらえるので、責任をもって仕事ができ、とてもやりがいがあると感じています。法的規制やプランの進め方で、わからないことは先輩からアドバイスをいただき、また、構造や設備、工事部、見積部など、様々な部署とも関わりを持つことが多くあります。
部署を超えて、協力しながら仕事を進めていくことができる環境が整っているのも、当社の魅力の一つだと感じています。

入社して驚いたことや感動したことはありますか?

驚いたことは、学生の頃に考えていた自由な設計と実際に扱う設計とのギャップです。建物を計画するのに、建築基準法や地域別に定められている条例など、とても数多くの規制があることには驚きました。そんな中で、自由度やデザイン力のあるプランをすることがいかに難しいかを学びました。また、それらを実現されている先輩たちの作品にはとても感動させられますし、いつも刺激を受けています。

高松建設で働く感想を聞かせてください。

入社してから、あっという間でした。時間の使い方がうまくいかず、スケジュール通りに進まないことに苦戦させられました。先輩に相談しながら日々のスケジュールを組んでいくうちに、目の前にあることだけでなく、常に最終地点を見据えてスケジュールを組む大切さを学びました。
これからは、今以上にスケジュール管理を行うことで、日々の業務の中で一つでも多くの事が出来る様にしていきたいと思います。

入社をお考えのみなさまへ

希望する会社の社員に出会うことが大切だと思います。当社では、会社説明会やインターンシップなど松建設のことを知る機会を多く設けています。少しでも、気になる方は是非参加し、たくさんの社員と出会うきっかけを作ってください。当社で働くイメージを掴むチャンスであり、そこで得られるものも多くあります。
いろんな機会を通して、相手のことを知り、自分のことも知ってもらう、これが就職活動を楽しむコツだと思います。